頭金とローンのバランス

|もうご存知ですか?知っているのと知らないのでは大違い!平均200万円以上お得に購入
お気に入りに登録
トップページ
サイトマップ
東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の不動産購入支援サービス&仲介ネットワークグループ
仲介手数料って無料になるの?にお答えします。お見積りは何度でも無料です!お気軽にどうぞ
仲介手数料無料見積りセンター
 
無料見積判定ご利用者数
こんな時代だから・・・できるだけ安い手数料で購入したい!売却したい!そんな皆様の声にお応えします。
 
 不動産を購入する方、売却する方、双方が、仲介会社に支払う法定手数のことで「(物件価格×3%+6万円)×消費税」と
 いう即算式で 計算され、仮に物件が「3500万円」とすると買主・売主それぞれが約120万円を支払う事になります。

 
今の時点で購入するのであれば、
借入できる金額+貯蓄から出せる頭金=購入予算
となります。

数年後に購入予定で、希望予算がある場合には、
希望予算−借入できる金額=準備が必要な頭金
ということになります。
とは言え、頭金が多く借入金が少ないほど、将来のリスクを抑えることができますので、少しでも多く頭金を準備するよう心がけましょう。
頭金は最低2割が必要です、と言われますが、これは金融機関の多くが物件価格の8割を上限としているためです。
住宅購入に際しては、物件価格以外に、ローン手続き、登記などに諸費用がかかります。
この諸費用は自己資金として貯めたものから出すことになるので、例えば3,000万円の中古マンションを購入する場合に、諸費用が180万円、
頭金を2割用意しようという場合には、780万円の自己資金が必要になるというわけです。
また、住宅を購入後に貯蓄が全くない状況になってしまうのも危険です。

緊急予備資金として、生活費の3〜6ヶ月分は手元に残しておきましょう。1ヶ月の生活費が20万円で3ヶ月分を見ておくとすると、
上記の例では住宅購入までに840万円の準備が必要ということになります。
いくら借入するのかを考える際は、金融機関が貸してくれる金額ではなく、自分自身が最後まで返済することができる金額と考えましょう。
返済できる額が借入できる金額です。
  1. 将来のライフプランも考えた上で、毎月返済することができる金額を無理のない範囲で決める
  2. 老後の生活に影響を及ぼさない年数で、返済期間を決める
  3. どの金利のタイプの商品を利用するのかを決める
例えば、毎月返済できる額が12万円、定年までの期間が25年、金利が3%のローンなら、借入できる額は約2,500万円になります。
金利が1.5%のローンなら約3,000万円の借入れも可能ですが、金利が低い変動金利や特約期間が短い固定金利選択型を利用する場合には、
将来金利が上昇し、返済額が増える可能性も考えて、余裕を持った返済額にしておくことが重要です。
物件価格が3,000万円のマンションであっても、住宅ローンを利用すれば利息の支払もあり、総額3,000万円で買えるわけではありません。
そして、頭金をどのくらい出せるのかで、取得に要する総額が違ってくるので、将来の貯蓄額にも影響を与えることになります。

<例>購入価格/3,000万円 返済期間/30年 金利3.0%
ボーナス払いなし
頭金 300万円(1割) 600万円(2割) 900万円(3割) 1200万円(4割)
借入額 2700万円 2400万円 2100万円 1800万円
毎月返済額 113,833円 101,185円 88,537円 75,889円
支払総額(頭金含む) 約4397万円 約4243万円 約4087万円 約3932万円
 
←約154万円の差→
←約310万円の差→
←約465万円の差→

 
 
 
 





電話見積り
お問合せ
FAX見積り
メール見積り
 
今すぐ!見積り
気になる物件のお見積はコチラから
電話見積り
FAX見積り
メール見積り
お問合せは
仲介手数料が売却半額
売却できずに困っている方に朗報!
売れなかった物件が90日以内で8割以上売却に成功!
仲介賠償責任保険加入
仲介手数料が購入無料
住宅ローンはとても大事!
お友達をご紹介ください!キャンペーン実施中!!
ご利用されたお客様の声
一生に一度の大事な買物だから
加盟団体
SAKURALABEL

Copyright(C)2010 仲介手数料無料見積り判定センター All Rights Reserved.